マイ・ペースな奴ら

「マイ・ペース」オフィシャルブログ、1974年「東京」のヒットから。再び活動を始めた、森田みつぎ、伊藤進、根次男、サポートメンバーhiroko、の活動とニュース

2012年11月

連休の渋滞にはまりながら帰りました、12時間!。翌日朝早くから仕事で今週は目一杯忙しかー!一人一人にお礼を言いたいけど、とりあえず「秋田ライブ」にこられた方々。有難うございました。ライブハウスのキャパを超えてしまう程で、もっと来て欲しかったけどストップした所もあり申し訳なく思います。
また不手際で打上げをはっきりご案内できず申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
ガラガラ声だったり、イロイロ起きてなかなか落ち着いて出来ませんでしたが、盛り上がって頂き有難い事であります(`_´)ゞ。
やりたかった事の半分もできず、反省しきりですまだまだ3人スケジュール合わせが大変で、録音もまともに出来て居ません、気合をいれ直してやっつけて行きます。もうスタートしたのだからウロウロしている時間は無いのだ、あっという間にジジイ化が進むのだ!
年始に秋田に行きお礼参りをしたいです。
楽しいスタートをご一緒で来て有難うございました。 マイ・ペース 森象

今まで曲についての解説や、出来事、環境、など。ありがちな発言は絶対にするまいと思っていましたが、まあここらで解禁するかと思い少しずつ書いてみたいと思います。

なんといっても一枚目のアルバム「東京」は曲を書き始めてから3年間の最も濃密な時間の集大成なので自分でも実に興味深いものがあります。

思いつくままに順不同で書き進めたいと思いますが、伊藤さんの詩や、根ちゃんの楽曲も取材して書いてみたいと思います。

でも、その内容にはあまり意味はないと思います、あくまでもその曲から何を感じるかが全てなのであって、背景や動機はそれを知ることによって書き手の人間性がますますはっきりと見えてしまうので…本当は実にいやな、怖いことでもあります。  が

興味のある方が意外に多いので恥を忍んで発表していこうかと思います。

第一回目はアルバム「東京」より、「南へ」の事を思い出しながら書いてみます、何といっても初めてのオリジナル曲で(自分にも曲が書けるんだ)と証明してくれた曲です、自分にとってもとても大切な曲です。それではゆるゆると始めたいと思います。

たぶん順不同で進んでいくと思います、それも途切れ途切れにね!

がんばってやってみましょう!

あ! ところでまもなく秋田ライブです。また始まりです。

 

森光子さんがお亡くなりになりました、ここ何年かご一挙する機会がありました、正直者お年を感じて無理しなくても……と考えた事もありました。でも女優根性をまざまざと見せつけられた思いをしたのも確かです。3〜4度お会いする度に人としての究極の生き方に触れさせていただいた様に思います!
有難うございました( i _ i )

↑このページのトップヘ